気象観測のシステムならこのWEBサイト!気象観測システム比較サイトをご紹介!

top > 気象観測システムとは > 気象観測をチェックするためのシステム

気象観測をチェックするためのシステム

近年の異常気象に備えて、キチンとデータを取得したり、観察をすることが大事です。
しかし人間の目ではチェックできないこともあります。
危険な場所であれば二次災害が発生するリスクがあります。
正しいデータを収集するために気象観測専門のシステムを導入するとよいでしょう。
常にパソコンで状態をチェックすることが出来るので便利です。
災害が発生しそうな場所や工事現場では設置をすることが多いです。
そうすることで安全に工事を施工することができます。
災害が発生しそうな場合にはデータをチェックした上で避難情報を出すことができ、先回りをして対応をすることが出来るようになります。
専用のシステムは導入をするだけではなく、維持費もかかってくることがあるので、どういうところからレンタルをするのがいいのか、ということもキチンと検討をする必要があります。



気象観測のシステムはこんなところにも

現在の気象観測のシステムはいろんな機器を組み合わせて総合的に観測をされています。
これらは現在は全国1000か所を超える地点の様子をインターネット上で公開されていて、例えばアメダスなどは現在の雨雲がどこでどのくらいの降水量を出してるのかをリアルタイムに知ることができます。
これによって自宅にいても大雨が近くに接近していれば、それなりの対策を立てることも可能となります。
その気象の観測システムの一部は鉄道の現場でも採用されています。
例えば風速計は強風が吹きやすい橋梁や築堤などの個所に設置されています。
これで規制値を超えると運転速度を落としたり運転そのものを取りやめるなどして対策を立てます。
次は雨量計となり、これも線区の至る場所で設置されています。
この雨量計も大雨で規制値を超えると線路の盛り土が崩れる可能性も考慮して運転そのものを取りやめることとなります。
他には地震計の存在があります。
この地震計はユレダスと称していて、P波とS波の検知をしています。
このシステムは直下型地震までは対応しきれませんが、直下型地震でない場合は、実際の揺れが来る前に察知して、ただちに周辺列車にブレーキをかけさせています。
これで実際に東日本震災などでは多数の列車が被害を免れています。



気象観測の組み合わせで高精度なシステムを構築

気象観測をするには様々な機器を使用して観測をされます。
単に1つだけの機器を使用していたのでは満足な天気予報などできるはずもなく、様々な機器を使用して観測をするから現在のような制度の高いシステムが出来上がっているともいわれます。
まず最初は雨量計となります。
これは日本国内とその周辺の陸海に約1000か所を超えて設置されています。
これで現在降水中の雨とその強さがどこにあるかを把握することができます。
次は風速計となります。
この風速計は風の強さと向きがどうなってるかを把握することができます。
この風速計は天気予報だけでなく鉄道や高速道路上などに設置されていて、運行状況を注視させるか否かの判断材料にも使われます。
他は温度計や湿度計や気圧計などとなります。
これは百葉箱に入れられてますが、昔と違って職員がいちいち目視に行くことはなく、自動的にオンラインでリアルタイムに知らせています。
他は高い山にある気象レーダーや宇宙空間にある気象衛星となります。
この気象レーダーや気象衛星の存在で、台風がいまどのへんにあるかを判断することができるようになりました。
これのない時代などは台風などの動きの予測が困難で、これのために海上の船舶が遭難事故に遭うこともしばしばありました。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る